わこのズボラ日記

ずぼらに生きるおんなの日記です。

仕事で嬉しかったこと

仕事で上司に感謝されたことが今日嬉しかった!

 

 

 

 

私がいるのは生活福祉課。

主な仕事は、精神障害生活保護者の困難事例をケースワーカーからの依頼で支援をしていく。

 

 

 

 

自立支援係の係長が、

私の記録を持って現れた。

 

 

 

 

記録をケースワーカーに提出すると、ケースワーカー→担当の課の係長→課長と

決裁に回される。

 

 

 

 

40分かけて記録を読んだそうで、

(相当記録を溜めて申し訳なかった)

「こんなに大変だったんだね

 

 

 

 

ケースワーカーの◯◯が助かってます」

 

 

 

 

と言ってくれた。

 

 

 

 

あぁなんか、私の仕事が認めてもらえたと感じて嬉しかった。

 

 

 

 

評価されることなんて、

評価を聞くことも

そうそうないので、

言ってもらえることに驚いたし

頑張って良かったなと思えました。

 

 

 

 

まだまだ未熟すぎる私だけど、

1件1件を大事に支援していこうと思う。

車の名義変更

 

今日父の車の名義変更をしてきた。

 

 

 

 

手続きの代行も頼めたのだけど、

自分で全部した。

 

 

 

 

父の車は私のものになった。

 

 

 

 

ナンバープレートも自分の誕生日にした。

 

 

 

 

いつまで乗り続けるのかはわからない。

 

 

 

 

でも、父が残していったものだから乗れるだけ乗っていこうと思う。

 

 

 

 

父が亡くなって、涙の数は時間が経過するごとに減っている。

 

 

 

 

たまたま今日眼科に行った。

私の黒目の周りに銅が溜まってないか見てもらった。

 

 

 

 

銅は溜まってなかった。

ウィルソン病ではなかった。

 

 

 

 

数日前、父の昔のアルバムを見た。

 

 

 

 

なんだか渋かったし、カッコよかった。

 

 

 

 

私はよくパーツは父で、全体的に母に似ていると言われるが

 

 

 

 

顔の形も父に似ている気がする。

 

 

 

 

身長が低いのも父親譲りだ。

 

 

 

 

父が死んだなんて、

まだしっくりこない。

 

 

 

 

私は、父の遺伝子を残せるのかな…

 

 

 

 

もう兄が残しているけど、

私の中の父を

やっぱり残していきたい気がしている。

 

 

 

 

最近、人をまた好きになれるのかなと思いだしてきてる。

 

 

 

 

情熱が続かない。

 

 

 

 

今年こそは婚活を終わらせたい。

 

 

 

 

でも人を好きになれる気配が全くしない。

 

 

 

 

 

うまくはいかないんですな。

 

 

 

 

1月ももう終わり

いつのまにかもう1月が終わる

 

 

 

 

父が亡くなった後の手続きで、

てんやわんやしてる。

 

 

 

 

母が本来する手続きを、

フォローしている。

 

 

 

 

思いのほか沢山ある。

 

 

 

 

光熱費の名義変更や、

年金の手続き、

農協の手続き、

NTTの名義変更、

住宅ローンの手続き、

保険の手続き、

49日の引き出物のことやお店探しなど、

お墓に字を彫ってもらうのに石屋さんに依頼するとか、

難病の受給証の返還手続き、

家の名義変更、

介護保険の手続き、

健康保険証の手続き、

大量の薬を薬局に引き取ってもらったり、

塔婆の依頼も僧侶に依頼するなどなどざっとあげてみたけど沢山ある。

 

 

 

 

 

あと父が残していった車の名義変更を自分でしようとしてる。

 

 

 

 

お金がかかるけど車屋に代行してもらえると楽なんだけども、なんだか自分でやろうかなと思って書類を集めてる。

 

 

 

 

仕事と実家に行くので疲れてきそう。

 

 

 

 

 

仕事は復帰したけど、なんだか気持ちがついていかない。気力かな…

 

 

 

 

 

仕事も復帰初日にメンタルをボロボロにされる人の対応をするのも、勢いがでなかった。

 

 

 

 

逃げてしまった。

先輩がフォローしてくれた。

 

 

 

 

傷つきに行く勇気も出ず。

なんだかダメダメな自分。

 

 

 

 

弱いなと思う。

 

 

 

 

ふと父のことを考えてしまうと、涙が出て悲しい気持ちになる。

 

 

 

 

私、大丈夫なのかな…

 

 

 

 

仕事もちゃんとできるのかな

 

 

 

 

 

でも、頑張るしかない

 

 

 

 

 

そうだ、できなくてもやるしかないんだ

家族の大切さ

通夜、告別式が終わった。

 

 

 

 

父は骨になった。

 

 

 

 

この数日間があっという間に過ぎていった。

 

 

 

 

父の兄が、父の延命治療を喜んでくれていたことを知ったり。

 

 

 

 

親戚が兄の結婚を知らなくて寂しがっていたことを知ったり。

 

 

 

 

親戚からは、母を頼むよと言われたり。

 

 

 

 

私の兄が喪主をしてくれたり。

 

 

 

 

何か1人ではないものを感じられる時。

 

 

 

 

母は、私がいてくれて良かったという。

 

 

 

 

私は兄がいてくれて良かったと思う。

 

 

 

 

職場でもこの人がいてくれて良かったと思う時がある。

 

 

 

 

この人がいてくれて良かったと思ってもらえるような人になれたらいいな。

 

 

 

 

そしてやっぱり私も子どもが欲しいな。

 

 

 

 

子どもは、いつか自分を支えてくれる。

 

 

 

 

場の雰囲気を和ませてくれる。

 

 

 

 

子どもは無邪気さというものをもってる。

 

 

 

 

父がいなくなってしまったけど、

父との思い出を大切にしていくしかない。

 

 

 

 

父に恥じない生き方をしていきたい。

 

 

 

 

そして母を変わらず支えていく。

 

父の突然の死

今、亡くなった父の遺体の隣にいる。

 

 

 

 

あまりにも急だった。

 

 

 

 

昨日、救急車で運ばれた。

 

 

 

 

関東は朝から雪だった。

 

 

 

 

昼時に母と兄から連絡があった。

 

 

 

 

その時はまだ何もわかっていなかった。

 

 

 

 

とりあえず私は実家に帰るのをやめた。

 

 

 

 

兄が向かったというのもあったから。

 

 

 

降り積もって行く雪と、

午後の仕事の予定も特になかったので

休みをもらい父が搬送された病院へ向かった。

 

 

 

 

病院に到着すると、

誰も家族はいなかった

連絡も取れない

 

 

 

 

救急の受付に確認して、

父が入院した病棟へ行った。

 

 

 

すると主治医が家族にムンテラをしてる最中だった。

 

 

 

夜もたないかもとの説明だった。

 

 

 

 

多分説明をされたけど、

しばらく受け入れられなかった。

 

 

 

 

まだ良くなる可能性があるんじゃないかと期待して、主治医は勧めなかったがこんなすぐ亡くなるわけないと思って延命治療を依頼した。

 

 

 

 

父の兄にも、延命治療のことは相談した。

すると家族で決めなと言われた。

無理はしないようにと。

 

 

 

 

父の経過を見ていくと、

だんだん延命治療が良いものなのかと迷いだした。

 

 

 

 

父の体の機能がもう限界なんだと徐々に理解できてきた。

 

 

 

 

それを無理矢理延ばそうとするのは、

父は辛いだけなんじゃないかと思った。

 

 

 

 

父はもう意識障害を起こしていて、

最初から全く意思疎通は取れない状況だった。

 

 

 

 

辛そうだった。

 

 

 

経過は早かった。

 

 

 

 

今日の午前1:26に亡くなった。

 

 

 

 

私だけが父を看取れた。

 

 

 

 

ドラマのようだった。

 

 

 

これがドラマだったら私は名女優かと思うくらい。

 

 

 

 

客観的な自分と

必死になってる自分と両方の私がいた

 

 

 

 

やれるだけのことはやった。

 

 

 

父によく頑張ったと

お疲れ様と言った

 

 

 

 

父の人生はお人好しな人生だった気がした

 

 

 

 

住宅ローンがチャラになっちゃうよ

 

 

 

 

もう少しお父さん、粘って生きても良かったんじゃないの?

 

 

 

 

でもそれだと辛いだけだったのかな…

 

 

 

 

お父さんは綺麗に死んでいった

 

 

 

 

私たちに介護もさせなかった

 

 

 

 

わがままに介護させても良かったんだよ?

 

 

 

 

涙ばっか出てくる

 

 

 

父の死はやっぱり特別だ

 

 

 

 

父の願い通りの死に方になったのかな

 

 

 

 

これで良かったのかな

 

 

 

 

父さんにありがとうという気持ちしか今思い浮かばない。

 

 

 

 

なんでだろう

 

 

 

 

やっぱり家族だからなのかな

 

 

 

 

父なりに一生懸命生きた人生だったと思う

 

 

 

 

もう少しこの世で楽しみを見つけてほしかったけど。

 

 

 

私は父を誇りに思う

 

 

 

 

ダメダメな人だったけど

 

 

 

 

父の意地を通したなと思う

 

 

 

 

それについてはあっぱれ

 

 

 

 

父さん、本当にありがとう。

 

 

 

 

私は父さんの娘で良かったよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

迷走しだした私

なんかこの前のブログにも書いてたけど、

1年前変な人と一瞬付き合いました。

 

 

 

裸の写真を送ってほしいと言われ断ったら彼女なんだからと強要してきたのでLINEを即、ブロックした人から

 

 

 

 

またfacebookメッセンジャーの方にメッセージが届いた。

 

 

 

 

 

クリスマスの日にも

「昨日うちの誕生日だったんだけど?」

ときた。

 

 

 

 

1年くらい連絡取ってないのに。

 

 

 

 

そして昨日、

「またデートしてもらえませんか?気になってて」

とメッセージがきた。

 

 

 

 

 

1年前のことなのに、

気にしてもらわなくて結構ですと思った。

 

 

 

 

でも

最近気になるとか、気にしてもらえることがあまりない私としてはちょっと気持ちがグラついた。

 

 

 

 

そう、しかも明日は自分の誕生日…

 

 

 

 

かなり、心はグラつきを見せ

 

 

 

 

私は返信してしまった!

 

 

 

 

 

「変なことを強要しませんか?」と。

 

 

 

 

すると、「しません!良かったらメールください」

と、auのアドレスが添付されてきた。

 

 

 

 

「LINEのブロックを解除します。まだLINEされてますか?」

と返信。

 

 

 

 

LINEを長年していて、ブロックした人が復活するなんてことがあっただろうか…

 

 

 

 

 

ドラクエで死んだのを蘇らせるようだ。

 

 

 

 

 

これも誕生日を目前にした女の迷走が起こしたミラクル。

 

 

 

 

そう考えると、残念な人と思っていたけどなんてラッキーな人なんだろうと思えてきた。

 

 

 

 

 

でも明日会ってもらわないことに

意味がない。

 

 

 

 

明日会わなかったら二度と会わないだろう。

 

 

 

 

 

 

忙しい方が気が紛れる

1/3(水)ZARAでバイト

1/4(木)市役所の仕事始め

1/5(金)市役所勤務

1/6(土)ZARAでバイト

 

 

 

1/7(日)友達と新年会(お昼から終電まで友達んちで飲む)

1/8(月)ZARAフロアデビュー予定

1/9(火)市役所勤務

 

 

 

体もつのかな(^_^;)

 

 

 

でも彼氏もいないので、

なにかをしている方が気が紛れます。

 

 

 

仕事よ、ありがとう‼︎

 

 

 

飲み会も行かないと出会いがないのだけど、

お金かかるし(先月からちゃんと家計簿をつけたら赤字だった!)

 

 

 

 

この前友達には酷いことされたので(みんなの前で経営者が好きだとか、年収1,000万以上が好きだと言わた。過去そうゆう時があった?けど、今は全然そうゆうのなしです。むしろ誰でも良くないけど、拾ってほしいのに。)

 

 

 

 

世知辛い世の中です。

友達に婚活を邪魔されるとは…

もうその子とは絶対飲み会に行かないと強く思った。

 

 

 

前々からその子とは、

飲み会は行きたくないなと思っていたけどやっぱりそう思ってた私、正解だった。

 

 

 

 

そんなこんなで

今年ももう6日たってしまった。

 

 

 

 

クリスマス付近にペアーズで知り合った人がいたけど、LINEがこなくなっちゃったので終了っぽい。

 

 

 

 

私ってこんなに需要ないんだなと凹むけど、

今できることをやるしかない。

 

 

 

 

直接会わないと何も始まらないし、

始まったとしても去年の私の2ケースの場合もあるから先が遠い。

 

 

 

1ケース目は、去年始めに交際を開始したと思ったら、私の胸の裸写真を送ってほしいと言われ断固として断ると彼女なんだからと強要してくるためLINEをブロックした。

 

 

 

 

去年の1、2月でLINEをブロックしたのに、なぜかクリスマスにFacebookメッセンジャーで「うちの誕生日昨日だったんだけど?」とメッセージが!!

 

 

 

 

恐ろしくて、開封してない…

 

 

 

 

2ケース目は、

3回くらい振られたけど、その理由が意味不明で自己中心的な付き合いをされたため追いかけるのをやめ諦めた。

 

 

 

1回目 彼から連絡が途絶え浮気されたと思った私が5日くらいLINEを未読スルーにしてたら、他の男のところへ行ったと思い込まれ振られた。

 

 

 

2回目  よりを戻したいと私が言っていたのだが、私の家で話し合うと彼が言い出し私がそれを拒んだら有り得ないと言われ振られた。

 

 

 

3回目  合わない、タイプじゃないと振られた。

その直前に、私が自分の名刺を彼に渡そうとしたらもらってもらえなくて不信感を募らせた。彼に会いたくなくなって、会う日を合わせないようにしていた。

 

 

 

3回ともちゃんと話し合えば解決することなのに、彼は一方的に私の考えは聞かないで判断する人だった。

 

 

 

 

同世代、変な人しか残ってない。

 

 

 

 

私も変な人の1人なのかも…

 

 

 

 

付き合うこと自体ハードルが高くなってる。

 

 

 

 

そんなこんなで、去年のクリスマスあたりに知り合った人ともダメになった気がしている。

 

 

 

 

私、また誰かと付き合うことができるんだろうか…怖すぎて事前に色々聞いてしまう自分がいる。