わこのズボラ日記

ずぼらに生きるおんなの日記です。

彼との距離

再就職してから、

仕事が第一優先になったことで

平日彼にLINEを送らなくなりました。

 

 

 

 

今まで何をそんなに毎日LINEしていたのかもうよくわからない状態です。

 

 

 

 

平日LINEのやりとりがなくなったけど、週末になると彼からLINEがくるようになりました。

 

 

 

 

三連休のどっかで一緒に遊びたいとリクエストをしてましたが、期待はしてませんでしたがやっぱりねという感じでした。

 

 

 

 

次なるリクエストで、

たまには夕飯を一緒に食べたい

と古着屋さんに連れて行ってと言ってみました。

 

 

 

 

古着屋さんには、時間が間に合わず

夕飯ならということで会えました。

古着屋さん無理ならTUTAYAに連れてってと行ったらこちらもOKをもらえました。

 

 

 

 

彼が家系ラーメンを食べたいということで、ラーメン屋さんに行きました。

 

 

 

 

そのあとTUTAYAに寄って、

私の家には寄らないってことで帰っていきました。

 

 

 

 

忙しいのに、ありがたや。

 

 

 

 

そんななにげない彼との数時間が、

私にはとても貴重で

何ものにも変えがたい時間になってます。

 

 

 

 

なにかしらフォローをくれたり、

そうゆう彼の姿勢が私には十分に感じてます。

 

 

 

 

だから週末だけLINEがくるのでも、

私はよしとします。

私もLINE送ってないしね(^_^;)

 

 

 

働きだしてから、彼との距離がちょうどよくなったような気がしているのは私だけでしょうか…

 

 

 

 

今後も細くとも長く無理なく付き合っていけたらいいかなと思ってます。

彼との将来のために。

 

担当弁護士さんからの電話

昨日、担当弁護士さんから電話がきました。

 

 

 

労災の方はどうしましたか?とのことで、この前労基署から電話が入り、労災を取り下げてはないが気持ちの整理がついてないことを話しましたと伝えると…

 

 

 

労災を取り下げる時に、文章を添えることを提案されました。まだ私の気持ちが納得できてないことの私への配慮のようでした。

 

 

 

 

自分が労災を申請したことを無駄にして欲しくないというような文章を弁護士さんが考えてくださるとのこと。

 

 

 

こうゆう文章を書いてもらうのもおそらく弁護士費用でお金がかかってくるのでしょうが、担当弁護士さんの配慮が嬉しくて

 

 

 

 

この弁護士さんにして本当に良かったと思えました。

 

 

 

 

担当弁護士さんもお忙しいようで、その文章をつくって来週あたりまたメールに添付して送ってくださるとのことでした。

 

 

 

 

それで私の気持ちがおさまるのかはわからないですが、とても大事なことのように思いました。

労基署からの連絡

今日、労基署から電話が入りました。

 

 

 

 

私の聞き取りを10/30にしたいとのことでした。

 

 

 

 

私は、労働審判で和解したことを話しました。

けど、心の整理ができてないことも伝えました。

署名はしたのか聞かれたので、していないことを話しました。

 

 

 

 

いざ労基署が動いてくれてることを聞いて、納得できてない自分がいることに再度気づきました。心の整理がついてないとしか私は答えられませんでした。

 

 

 

 

10月初旬に、担当弁護士さんの方にお金が振り込まれるのを待って取り下げようという話になってることも話しました。

 

 

 

 

だけど、確定にはしたくなくて。

複雑な気持ちで話してました。

 

 

 

 

電話を切った後、

悶々と考えました。

もう一度振り返って、

そういえば担当弁護士さんから調書がメールに添付されてたのを思い出しました。

 

 

 

 

 

それを見て、これで納得しなくちゃいけないと思いました。

 

 

 

 

当初の自分の気持ちと、今の自分の気持ちがこんなに変わっていたことを再確認しました。

 

 

 

 

労災は取り下げたくないのです。

だけど、和解したのだからそれに従わないとです。

 

 

 

 

私は、納得しなくちゃです。

 

保険証問題

今日はカウンセリングの日でした。

 

 

 

仕事は2時間休みを取って、早めに上がりました。

 

 

 

ですが保険証が間に合わないとのことでした。

9/2に風邪で内科にかかった時は、前の国民健康保険証を普通に提示しました。

 

 

 

新しい保険証が届いたら、その時提示すればいいくらいの感覚でした。

 

 

 

 

しかし今日人事課から、

この前の内科にかかった時のは

私宛に全額自費の請求書が届くと思うから一度支払って、領収書を人事課に持参すれば精算してくれると言うのだ。

 

 

 

 

それって、今日の精神科の分もそうなったら、精神科にかかったことがバレてしまうと焦った。

 

 

 

 

かかりつけに問い合わせして、会社にわかってしまうのかを聞くとわかってしまうと言われた。即その場で、今日の予約をキャンセルした。

 

 

 

 

もう二度とかかれない。

 

 

 

 

でも職場にクローズにしてる人はどうしてるの?と思いリワークに問い合わせしてみた。

 

 

 

 

すると、全額自費にすれば私とクリニック間のことだからあえて職場にはバレないとのこと。

クリニックにかかったことは、職場を通過するがそれすら知られたくなければ全額自費でかかるしかないとのことだった。

 

 

 

 

とりあえず今日は自費で、再度キャンセルを取り消してもらってかかることにした。

 

 

 

 

平日は水曜休みなので、

主治医は水曜のドクターに変更してもらった。

 

 

 

 

 

薬は3ヶ月くらい様子を見て、自分で切るか判断していくことになった。

 

 

 

 

カウンセリングは、しばらく継続することにした。担当カウンセラーさんも同意見だった。

 

 

 

 

労働基準監督署から、

主治医宛に診断書のようなものが届いていた。

 

 

 

 

それを見たら、この前の労働審判の和解したことがやっぱり納得いってない後悔の気持ちでいっぱいになった。

 

 

 

 

ちゃんと調査をしてほしかった。

 

 

 

 

私の悔いはそこだけだった。

 

 

 

 

病院側は調査が入ることでちゃんと振り返ってほしかった。

 

 

 

 

もう少し自分が申請を早くしていたらという気持ちになる。

 

 

 

 

でも自分はやるだけのことをやって、

今は新しい仕事を大事にしたいという気持ちがあるんだと言い聞かせた。

 

 

 

 

 

納得するしかないのだ。

 

 

 

 

 

まだ時間が必要だ。

 

 

 

 

とりあえず今日は、

今後の受診の心配が解けて良かったです。

 

 

 

二度目の人生

私にとって二度目の人生が9月から始まった。

そんな気持ちでいる今日です。

 

 

 

2年前、私の人生は静かに止まってしまいました。休職という形で。

 

 

 

それから静かに時は過ぎていきました。

 

 

 

 

元職場から調停を起こされ、

自分だけではどうにもできなくて

弁護士さんにお願いしました。

 

 

 

 

当時付き合って同棲していた彼との別れもありました。

 

 

 

 

定期的にカウンセリングにも通っていました。

 

 

 

 

リワークに通い出し、多くの仲間と出会えました。

 

 

 

リワークに通い出してから、私は急激に変わっていったと思います。

 

 

 

本来の自分を取り戻していきました。

それまではずっと家にこもっていて、人に会うことが怖くなっていました。

 

 

 

自分を取り戻すのに2年かかりました。

 

 

 

 

9月から新しい私の人生が始まった気持ちです。

 

 

 

昨日、労働審判で元職場との決着もつきました。

 

 

 

 

ようやく私は前に進める、そんな気持ちに今なりました。

 

 

 

 

わたしにとって人生の第2章という感じなのかな…

 

 

 

 

人は何回でも人生をやり直せるのかも

 

 

 

 

今は新しい彼がいて、

彼との関係を大事にしていこうと思っています

 

 

 

 

 

無理せず自分のペースでゆっくり歩んでいこうと思います。

 

労働審判 2回目 和解しました

今日労働審判2回目でした。

パワハラ+未払い残業代の件でした。

 

 

8月31日に、相手側がこちらの提示を翻してきていました。

 

 

 

 

全体で170万円を提示してきたのです。

内訳は、相手側が残業代分の給料訂正を組合にしたので傷病手当金の金額が85万円にまでなりました。

そして、50万円ほどの残業代。

残りの35万円の慰謝料。

 

 

 

慰謝料35万円て…と思いました。

 

 

 

元々こちら側は200万円の和解金と労災取り下げを提示していました。

 

 

 

しかし思わぬところで、傷病手当金が85万円ほどになったのです。

 

 

 

 

こちらとしては、傷病手当金は30万円ほどで、慰謝料は100万円で未払い残業代が70万円ほどという計算で200万円を提示してました。

 

 

 

 

せっかく労災を申請したのに、慰謝料35万円で労災を取り下げろだなんてひどいと思いました。

 

 

 

たとえ慰謝料100万円出すと言われても、労災を取り下げたくない気持ちになりました。

 

 

 

 

しかし裁判官は、慰謝料は50万円ほどが妥当とのことでした。

また残業代も50万円ほどとのことでした。

 

 

 

 

結局、傷病手当金85万円、残業代50万円、慰謝料65万円、健康保険の自己負担分16万円は相手側が負担してくれることになりました。

 

 

 

プラスもう15万円と言ってはみたものの、

裁判官からも相手側からも受け入れてはもらえませんでした。

 

 

 

私としては、納得はできてないんです。

 

 

 

労災を取り下げるということに…

 

 

 

でも担当弁護士さんが言うには、これで終わらせて良かったんじゃないかとのことでした。

 

 

 

あとでスッキリしますよと弁護士さんが言ってくれました。

 

 

 

 

でもまだスッキリしてません。

 

 

 

これで終わらせて前に進めることはとても良いことです。

仕事にも集中できます。

 

 

 

だけど、相手側にはもう少し負担をおってほしかったという気持ちが残ってます。

私がどれだけ苦しんできたか…お金ではないんです。

 

 

 

 

労災の取り調べをきちんと受けてほしかった。

 

 

 

 

10/6に114万円ほど私の担当弁護士さんの会社の口座に、相手側からお金が振り込まれます。

 

 

 

 

それで弁護士費用など精算して、私が労災を取り下げて終わりになります。

 

 

 

 

まだ私は心の整理に時間がかかりそうです。

 

 

 

 

でも2年という長い闘いは終わりを迎えました。

1日研修

今日は職場でみっちり、

1日マンツーマン研修でした。

 

 

 

なのに、風邪でだるくて耳まで遠くなってる状態で臨みました。

 

 

 

 

お昼くらいには朝飲んでた薬も切れたのか、

やばい感じになってました。

 

 

 

食欲もなく食堂でたぬきうどんを食べました。

 

 

 

 

食後に薬を飲んで、

午後の研修を頑張りました。

 

 

 

 

終わるくらいには薬の効果なのか、

体がだるくなくなってました。

 

 

 

 

なんとか研修も終えて、

色々な心配事もクリアして無事に1日を終えました。

 

 

 

 

明日、明後日と2連休です。

けど明日は労働審判2回目です…

 

 

 

 

明日こそ正念場、乗り切らねばです!!