わこのズボラ日記

ずぼらに生きるおんなの日記です。

婚活アプリとにらめっこ

婚活アプリと最近にらめっこしてます

 

 

 

 

 

凄いタイプの人を発見してしまって

 

 

 

 

 

でもその人はもう3ヶ月以上

アプリには来てはいない

 

 

 

 

 

ということは、

おそらくどなたかと上手くいっているに違いない

 

 

 

 

 

 

それにしてもタイプど真ん中過ぎて

 

 

 

 

 

 

毎日のように彼の写真やプロフィールを眺めてしまう

 

 

 

 

 

片思いの状況?!

 

 

 

 

 

戻ってこないかなぁと

思ってしまう

 

 

 

 

 

戻ってきても私とマッチングする確率は怪しいとこだけど

 

 

 

 

 

 

こんな人と出会えたら…

幸せすぎて、もうなにもかも捨ててついて行ってしまいそう

 

 

 

 

 

 

アプリを眺めていると

どんどん自分の好みが固定化されてくる

 

 

 

 

 

 

自分のタイプがハッキリした

 

 

 

 

 

この前まで付き合っていた人の顔と、

遠からず

 

 

 

 

 

ポイントは押さえている

 

 

 

 

 

私の好きな顔のタイプが今更

ハッキリするとは

 

 

 

 

 

 

41歳にして…

 

 

 

 

 

プロフィールの内容、言葉や写真のチョイスとか

 

 

 

 

 

いつも眺めていると人柄が見えてくる

 

 

 

 

 

 

そんな中、その彼はやはり

タイプど真ん中

 

 

 

 

 

 

素敵すぎて、他の人を選べない

 

 

 

 

 

私の婚活終わりはいつなのだろう

 

 

 

 

 

 

遠のいているような気がしてならない笑

 

 

今の生活を愛そうと思った

 

キモい投稿を連投

 

 

 

 

 

2連休でしたが、私は水曜休みなので

 

 

 

 

 

天皇誕生日と水曜休みで2連休

 

 

 

 

 

 

水曜の今日こそは、家を出て

ベリーダンスのレッスンに行こうと思ったけど

 

 

 

 

 

 

お布団からでれなくてサボり

 

 

 

 

 

 

いつも行く教室ではないから

 

 

 

 

 

 

気合いが足りなかった…

 

 

 

 

 

 

そんなこんなで2日間家にこもり

 

 

 

 

 

 

ダラダラしながらも思い思いに何かをしていた

 

 

 

 

 

 

自分が最近よく作るレシピを手書きに紙に書いてまとめるという

 

 

 

 

 

 

とんでも面倒くさい作業をやった

 

 

 

 

 

暇すぎると、こんなこともできる

 

 

 

 

 

 

恋人もいないで

 

 

 

 

 

お一人様だからこそできるような気さえする

 

 

 

 

 

料理のレパートリーを、

少しずつ増やしたい私

 

 

 

 

 

 

視覚化した方がモチベーションも上がる

 

 

 

 

 

 

レシピをノート2冊作っていたけど、

紛失してしまっていて

 

 

 

 

 

出てこないまま

どれくらい月日が過ぎたのか

 

 

 

 

 

 

と言うのもあり

 

 

 

 

 

 

スマホが使えなくなっても

 

 

 

 

 

 

レシピ集があれば

作れるのだ

 

 

 

 

 

いちいちスマホを見なくても作れる

 

 

 

 

 

そんなダラダラした日々を過ごしている

 

 

 

 

 

 

でも今の生活を楽しく過ごすのも良いのかもしれない

 

 

 

 

 

 

友達少ないし

 

 

 

 

 

いないに等しい

 

 

 

 

 

友達との関係を続けるのに頑張っていた時もある

 

 

 

 

 

 

だけど、私は1人が意外に好き

 

 

 

 

 

 

このまま老後まで過ごすのも悪くないのかな

 

 

 

 

 

 

 

今年はお金まわりを

ちゃんと把握していくのが目標で

 

 

 

 

 

 

老後に向けてもよく考えようと思う

 

 

 

 

 

ベリーダンスは、

私の生活に欠かせないから

 

 

 

 

 

その分のお金は必須だから

 

 

 

 

 

今の生活も楽しく過ごしていく

 

 

 

 

 

 

おひとりさまでも楽しまないとね

 

 

松山千春のラジオを聴いて泣いた

 

今日もおひとりさまで、

過ごしてました

 

 

 

 

ラジオで、千春さんの母が亡くなった話をされてました

 

 

 

 

 

もう会えないだよなって言ってました

 

 

 

 

 

虚無感…

 

 

 

 

 

悲しくなりました

 

 

 

 

 

私も両親とはもう会えないです

 

 

 

 

 

会えないって悲しいです

 

 

 

 

 

一緒にいられた時間が

 

 

 

 

 

 

こんなに貴重だったなんて

 

 

 

 

 

亡くなって初めて気づいて…

 

 

 

 

いや、気づいた時にはもう遅くって

 

 

 

 

 

私はなぜ今生きているのか

 

 

 

 

 

その存在意義さえよくわからない

 

 

 

 

 

でも私は人をサポートする為に、

 

 

 

 

 

助ける為に

 

 

 

 

 

今生きていると思ってる

 

 

 

 

 

それしかできないから

 

 

 

 

 

自分が生きていると感じられる瞬間

 

 

 

 

 

 

このブログに書いたか忘れたけど、

先日徘徊していたご老人を保護した

 

 

 

 

 

 

たまたま通りがかって助けられた

 

 

 

 

 

自分がその時にいられて良かった

 

 

 

 

 

 

認知症になっても

 

 

 

 

 

 

その人の生きてきた人生がある

 

 

 

 

 

人の命は重いって思う

 

 

 

 

 

 

今は、110番通報すると

 

 

 

 

 

 

何か操作してすぐスマホで居場所がわかるのね

 

 

 

 

 

 

もっと私は誰かの為になりたいけど

 

 

 

 

 

 

自分のメンタルも身体も大事だから

 

 

 

 

 

そこそこ働いてる

 

 

 

 

 

誰かの為に働いていると

自分は存在していていいって思えるのかもしれない

 

 

 

 

 

あの日の振り返り

あの日から…

私の誕生日からはや1ヶ月以上たちました

 

 

 

 

 

自分の日記を振り返ってみたところ

 

 

 

 

 

何を書いているのかさっぱりわけわからん

 

 

 

 

 

 

ということで、振り返りをすることにしてみました

 

 

 

 

 

今日はまだお酒飲んでません

 

 

 

 

 

私の誕生日に、彼とディズニーランドに行くことになりました

 

 

 

 

 

と言うか、一緒に行く人が楽しいと私も嬉しいと思って

 

 

 

 

 

テーマパークが好きだと言う彼に合わせて

この選択にしました

 

 

 

 

 

(本当は箱根に温泉旅行予定だったけど、緊急事態宣言等あり、GO TO トラベルも使えなくなったので…)

 

 

 

 

 

ディズニーは、私はシーの方が好きだけど、

彼がランドおしだったのもありランドにしました

 

 

 

 

 

前泊するところも、

私が探して良いところがあったのでそこにしました

 

 

 

 

 

私が事前にクレジット払いしました

 

 

 

 

 

 

そのため彼が、ディズニーのチケットは2人分とってくれました

 

 

 

 

 

私は運転もするし車も所有しているけど、

流れ的に彼の車で彼の運転で行きました

 

 

 

 

 

雨と雪予報が随分前からあったので、

私は防寒グッズを彼分も準備していきました

 

 

 

 

 

のんびりめに出発して、

彼が私が母にプレゼントした羽毛布団が、凄いあったかかったからニトリで買いたいという話をしていました

 

 

 

 

今日はホテルに行くだけだから

ニトリに寄っていいよと伝えニトリへ行きました

 

 

 

 

 

ドンキホーテも通ったけど、私が前々から買いたいものがあって一緒に行って欲しいと言ってたが私は特に触れず、彼も触れなかったから買いには行かなかった…しょぼん

 

 

 

 

 

その後ランチをどうするとなり、私が誕生日だから好きなところを決めて良いと彼から言われました

 

 

 

 

 

マックに行きたいと言ったけど、マックには入ろうとしないので。

しかも誕生日なんだからケーキとか食べないの?とか言われ…

 

 

 

 

 

イタリアンのお店を私が調べてそこに寄ることにしました

そんなに食べきれなくてデザートセットを1つにして、彼とシェアすることにした

 

 

 

 

 

デザートは、彼がほぼ食べてしまった

プリンは私が苦手なのもあったけど、

彼が結構バクバク食べていた

 

 

 

 

彼が自分が食べたかったのか???

 

 

 

 

 

その後ホテルへ到着し、

夕飯はなぜかホテルの外になった

ここでも彼は、誕生日なんだからデザートとかケーキとか食べたいんじゃない?と外へ行くことに

 

 

 

 

 

そして、安い居酒屋で晩酌した

 

 

 

 

ケーキ?ない?!

 

 

 

 

ホテルへ戻ってきて、それなりにイチャイチャ過ごし、誕生日プレゼントのネックレスをもらった

 

 

 

 

 

デザインを見て、ハート…

私は身に付けるアクセサリーでハートはあまり好まない

 

 

 

 

甘めの女子みたいのが苦手

 

 

 

 

 

いつもはクロムハーツのネックレスをしている

 

 

 

 

 

でも大人な感じだし、私も今後はこうゆう大人女子みたいのつけた方がいいよねと彼にありがとうと言ってハグした

 

 

 

 

 

で、いざ寝るとなり…

とにかく彼はいびきをする

 

 

 

 

 

この前は耳元でずっといびきをかかれ

ほぼ眠れなかった

 

 

 

 

 

それなので、私は鼻うがいを彼に渡した

彼は嫌がったがなんとかやってくれた

 

 

 

 

 

いざ、寝だすと鼻うがいをしたせいか

そこまでではなかった

 

 

 

 

 

しかし、いびきがまた出る

鼻のシールを貼らせてもらう

 

 

 

 

 

以前よりはマシになった

 

 

 

 

微妙ないびきになったので、

私は眠れるかもと思って

持参した睡眠剤は飲むのをやめた

 

 

 

 

 

翌日、以前よりいびきがマシになったという話をしたら、私もいびきをかいていたよねと彼が言う

 

 

 

 

すぐ止まったけどって…

自分のことを棚に上げてと思ってしまう私

 

 

 

 

 

私が眠れないことに関して、

人事っぽい感じが悲しくなった

 

 

 

 

 

自分のせいで大事な人が眠れなくなるなら、自分は色んな手を尽くすと思うけど

彼は何も対策しないし

私が持ってきたものにも難色を示していた

 

 

 

 

 

 

事前に用意していた防寒グッズも、

彼にこれはどう?と提案していたけど

嫌ならこれはいいやとか言えば済む話なのに

 

 

 

 

 

当日、ホテルをチェックアウトして車に自分たちの荷物を積んだ時に、私が渡していたマフラーを車に置いてかれた

 

 

 

 

 

なんか最初から嫌ならそう言えばいいのにって思ってしまった

 

 

 

 

 

その後、ランドへ行ったのだけど、

私が防寒グッズを詰め込んでいるリュックを彼が持ってくれた

 

 

 

 

 

そのリュックが、

アトラクションに乗って降りる時に

凄い邪魔な感じだった

 

 

 

 

 

段々申し訳ない気持ちになんか雰囲気的になって、彼からリュックを受け取り私がしょうことにした

 

 

 

 

 

彼も拒否はなくて、

そんな雰囲気になっていたから

邪魔だと思っていたのだろう

 

 

 

 

 

雨が降って、私が持ってきていた折りたたみ傘を彼が使っていた

 

 

 

 

 

私はそのまま濡れていたけど、

パレードが始まるから私も傘を使いたくなり、もう1つリュックに入れていた傘を出してもらうよう彼にお願いした

 

 

 

 

 

見当たらなかったようで、

彼は私が買ってきていたカッパにすると言い出しカッパを着だした

 

 

 

 

 

だけど、アトラクションに乗ろうとするたびに脱がなくてはいけなくて面倒になったようで、

カッパを手で持っていた

 

 

 

 

 

私がリュックをしょっているからか、

荷物になっているはずのカッパをずっと手に持っていた彼

 

 

 

 

 

しばらくまた着るのかよくわからなかったので、私もそのまま何も言わなかった

 

 

 

 

 

もう雨も降らないかなと思って、

カッパをリュックに入れる?と彼に声をかけてカッパをリュックに入れた

 

 

 

 

 

 

恐らく彼が私に持たせているリュックを申し訳なく思ったのか、またリュックを持ってくれるようになった

 

 

 

 

 

お昼も、彼はどうするかと私に聞いて自分では何も調べず聞くのみだった

私は2つくらい調べて提案した

 

 

 

 

 

それでも彼はどっちでもいいよと言う

私が選択肢をだしたから、彼が決めていいよと言っても決めないのはなぜ??

近いお店に行くことにした

 

 

 

 

 

雨でテンションが下がってたのもあるし、

久しぶりのディズニーで何があるのかよくわからなくて行きたいアトラクションがはじめは特に出てこなかった

 

 

 

 

 

午後になり、雨も止んできて

私のアクセルがかかり、次はここ行きたいと言いだし次々行った

 

 

 

 

夕方近くになり、

鉄道のアトラクションに乗ることに

 

 

 

 

彼が私の持ってきていた耳あてをすると言いだし、した

 

 

 

 

ゆるいのか、落ちてきてしまう

落ちてきちゃうねと私があげたりしていると、

「緩いんだよ」

 

 

 

 

再度、「これ緩いんだよ」と吐き捨てる感じで言われた

 

 

 

 

でも私がいつも使ってるものだし(私より彼の方が顔大きいはずだし)、きついと頭痛になっちゃうから…

 

 

 

 

 

その一瞬の彼の態度でだと思うけど

私がキレた

 

 

 

 

 

これは、我慢するべきか

場の雰囲気を悪くしないために我慢するべきだと自分に言い聞かせた

 

 

 

 

 

だけど、イライラしていて

この気持ちをどこにやったら良いかわからない

 

 

 

 

 

鉄道のアトラクションが終わり

ムスッとしている私

 

 

 

 

 

これでこのまま黙り続けても場の雰囲気は悪くなる

 

 

 

 

 

逆になんで怒っているのかわからない方が相手は困る?

 

 

 

 

 

 

なんて言えば角が立たない?と言葉を選ぼうとするが、もう何も考えられない

 

 

 

 

 

キレてしまっている自分…

 

 

 

 

 

でも言ったらどうなるんだろう?

試してみても良いのかな?と思い返した

 

 

 

 

 

そのままの自分のままで

 

 

 

 

 

「一言言っていい?私の持ってきたグッズが気に入らないんだったら、しなくていいよ」

と言ってしまった

 

 

 

 

 

彼はすぐ、「そんな風に思ってないけど」と怒りだす

 

 

 

 

 

私はハッとして、イライラしてしまったごめんと彼に言う

 

 

 

 

 

するともう時遅し

彼は、イライラしたからって…

と拗ねている

 

 

 

 

 

彼が先を歩いてしまう

 

 

 

 

パレードが始まろうとしていた

 

 

 

 

 

どうするの?と彼に声をかけると、

帰るよと言い出す

 

 

 

 

私に聞いても行きたいところ言わないしと言い出す

 

 

 

 

 

雨がまた降り出す

 

 

 

 

 

彼はその辺のベンチに座り込んでしまう

 

 

 

 

 

そのままパレードが始まり私は1人で立って見た

 

 

 

 

 

パレードが終わり振り返ると、

彼はまだいた

 

 

 

 

再度どうするの?と聞くと、

帰ると言う彼

 

 

 

 

 

とりあえず、私の荷物が彼の車にあるのでついてく

 

 

 

 

 

2人は一言も喋らない

 

 

 

 

 

お土産の話題も出ない

 

 

 

 

 

バスが何時から来るのか彼に調べさせたが(彼が時刻表の紙を持っていたので)、40分後と言う

 

 

 

 

 

それでも彼はカフェで時間を潰そうとも言わずに、ランドを出てしまう

マジかよと思いながら着いていく私

 

 

 

 

 

バス停で冷え込む中、ずっと立ちながらバスを待つことになってしまった 

 

 

 

 

 

防寒グッズを色々出したかったけど、

1人で使うのも気がひけ

かと言って彼と分け合いたくもない心境で

リュックの中の防寒グッズは何の意味もなさなかった

 

 

 

 

タクシーらしき車が前方に見える

タクシーに乗ってホテルまで行ってしまいたいと思うが、話しかけたくもないのでお互い距離を置き全く喋らず立ち尽くす

 

 

 

 

 

とにかく喋る事をもうしたくないのだ

 

 

 

 

 

バスがやっと来た

私が最初にバスに乗り込んで座った

彼は私とは違う場所に1人で座った

 

 

 

 

 

なんかムカッとした

 

 

 

 

 

もらったネックレスを首から外した

 

 

 

 

 

ホテルに着いて、彼の車に行き自分の荷物を車から出した

 

 

 

 

 

 

彼に「これ返すね」とネックレスを手渡した

 

 

 

 

 

え、と彼は戸惑いながらネックレスを受け取る

「一緒に帰らないの?」と一言言われる

 

 

 

 

私はなぜか「ありがとう」と言いその場を離れた

 

 

 

 

 

荷物を持ち、ホテルの温泉に行った

帰りに絶対入って帰りたかったから、

もう彼にはあわせないと思った

 

 

 

 

 

40分、寒い中立って待たされていたから身体も凍えていた

 

 

 

 

 

温泉につかり、

私は1人で電車で自宅へ向かった

 

 

 

 

 

その道中、スマホを落とし紛失するとかあったけど

 

 

 

 

 

スマホも見つかり、

またおひとりさまへと戻ったのだった

 

 

 

 

 

2人のことだから、

お互いが悪いのはわかる

 

 

 

 

2人でうまくできなかった

 

 

 

 

 

だったら許せばいいじゃんて思われるかもだけど、多分こうゆうのってまた繰り返す

 

 

 

 

 

それに、私はキレてしまったことを後悔している

 

 

 

 

 

だったら、謝ればいいと言われるかもしれない

 

 

 

 

 

今後もキレることがたくさんあると思う

 

 

 

 

 

でも私はそんな自分が嫌だ

 

 

 

 

 

少なくとも私は彼にいくつか不満があって、

彼にもオブラートに包んで言ってたりしたけど

なかなか難しい

 

 

 

 

人はすぐには変われない

 

 

 

 

他人を変える事も難しい

 

 

 

 

 

それなら1人でいた方が楽なのだ

 

 

 

 

多分色んなことが溜まってキレた

 

 

 

 

思いやりってなんだろう

 

 

 

 

婚活アプリで、

お互い思いやりのある人がいいって書いていた

 

 

 

 

 

すれ違ってちゃんと話し合いができなかったら、分かり合えない

 

 

 

 

 

その時にちゃんと話せないと無理だと私は思ってる

 

 

 

 

車で1人で帰ってしまった彼

私が一緒に帰らないと選択はしている

 

 

 

 

 

だけど、多分1人で帰っちゃアウトだと思う

 

 

 

 

 

翌日の午後一でのLINEはもう遅いよ

 

 

 

 

私が男性なら、1人で家には帰さない

 

 

 

 

それはどんなに喧嘩しても

 

 

 

 

これも価値観の違いなのかもだけど

 

 

 

 

思いやりは感じられないよ

 

 

 

 

私を大事にしてくれる人ではない

 

変わりなく孤独とお友だち継続中

 

変わらず晩酌してます

 

 

 

 

 

今日は鯖缶でアヒージョ作って

 

 

 

 

 

飲んでおります

 

 

 

 

華金だけど

 

 

 

 

 

コロナだしね

 

 

 

 

 

緊急事態宣言中だしね

 

 

 

 

 

 

まぁそれなくても

 

 

 

 

 

 

変わらず1人で飲んでるよ

 

 

 

 

 

そうおひとりさまで

 

 

 

 

 

婚活アプリを2つにした

 

 

 

 

 

そして、こいたまにも入会しようとしている

 

 

 

 

 

 

独身証明書はもうもらってきている

 

 

 

 

 

とにかく行動に移さないと

 

 

 

 

 

死んでしまいそう

 

 

 

 

 

孤独にやられる

 

 

 

 

 

安定している毎日だけどね笑

 

 

 

 

 

海外には行けないし

 

 

 

 

 

婚活の修行期間なのだろうかと思ってしまう

 

 

 

 

 

彼氏がいない日々にまた慣れてきつつある

 

 

 

 

 

だからヤバイ!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

しかしアプリは全然ダメ

 

 

 

 

 

見る目だけは肥えてしまっていて

 

 

 

 

 

いいなと思う人にいいねを押すが

 

 

 

 

 

ありがとうは帰ってこないという現実

 

 

 

 

 

 

年齢と年収ですかね…

 

 

 

 

 

マッチングしても、

 

 

 

 

 

年齢差がありますが大丈夫ですか?と聞いてしまうと

 

 

 

 

 

もう返信がこない

 

 

 

 

 

やばいと思うのかな

 

 

 

 

 

実際やばい年齢だよね

 

 

 

 

41歳独女…

 

 

 

 

若く見られがちだけど

 

 

 

 

 

まだお会いしてない方には、

 

 

 

 

 

写真盛ってると思われるにちがいない

 

 

 

 

 

それでもやめられない

 

 

 

 

 

年齢差の確認

 

 

 

 

 

歳下すぎると免疫なくて

 

 

 

 

 

恐縮してしまう

 

 

 

 

 

お豆腐メンタルな私

 

 

 

 

 

 

今朝、遠い若かりし時の彼とよりを戻そうとしている今の私がいる夢を見た

 

 

 

 

 

そこまで飢えているのか男に…

 

 

 

 

 

さびしんぼうな人間だわ

 

 

 

 

 

23歳から7年間

 

 

 

 

 

築き上げた信頼関係は

 

 

 

 

 

私が壊した

 

 

 

 

 

私を大事にしてくれていた

 

 

 

 

 

それでも私は離れた

 

 

 

 

 

恋愛ではない

 

 

 

 

 

家族みたいという違和感に

 

 

 

 

 

違うと思った

 

 

 

 

 

離れるために傷つけた

 

 

 

 

 

別に好きになった人ができたわけじゃない

 

 

 

 

 

でも誰かを作らなければ

 

 

 

 

 

別れられないと悟っていた

 

 

 

 

 

色んな理由を並べて

 

 

 

 

 

私は彼を捨てた

 

 

 

 

 

飼ってたペットたちも

 

 

 

 

 

ごめんねって

 

 

 

 

 

10年たって素直に言えそう

 

 

 

 

楽しかった

 

 

 

 

 

一緒にいた時間は

 

 

 

 

 

幸せだった

 

 

 

 

 

それなのに幸せ慣れしてなかった

 

 

 

 

 

居心地が良かったから

 

 

 

 

 

7年も一緒にいれた

 

 

 

 

 

きっと最高のパートナーだったのにね

 

 

 

 

 

私の全てを受け入れてくれていた人

 

 

 

 

 

こんな私では

 

 

 

 

 

釣り合わないとも思った

 

 

 

 

 

もっと彼を大事にしてくれる人がいるはずと思った

 

 

 

 

 

 

こんなに良い人なんだもの

 

 

 

 

 

って

 

 

 

 

 

だけど過去には戻れない

 

 

 

 

 

 

戻れても戻らない

 

 

 

 

 

今の私が好きだから

 

 

 

 

 

おひとりさまだけど

 

 

 

 

 

私は私なりに頑張って生きてきた

 

 

 

 

 

この人生を決して

 

 

 

 

 

やり直したいだなんて

 

 

 

 

 

思えない

 

 

 

 

 

私は私のままで

 

 

 

 

 

生きていく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

孤独とおともだち

孤独を乗り越えられたら

 

 

 

 

1人でいられる

 

 

 

 

って、同僚に言われた

 

 

 

 

 

孤独に耐えられる人が独身でいられる

 

 

 

 

 

私ってば一歩足を踏み入れているかもしれないと気づく

 

 

 

 

 

 

自分の誕生日の翌日?から、

晩酌を継続中

 

 

 

 

 

お酒が毎日切れない

 

 

 

 

 

寂しさが募り

 

 

 

 

 

過去の男に連絡を取ろうとまで思いつめる

 

 

 

 

 

だけど、結論は連絡せず

 

 

 

 

 

この人はああだった

この人はこうだった

 

 

 

 

 

 

やっぱり連絡取れない

 

 

 

 

ってなる笑

 

 

 

 

 

私は心が狭いのかな

 

 

 

 

 

やっぱり許せない?

と言うか、終わり方はあれで良かったと

1つの作品のように考えている

 

 

 

 

 

私は記憶に残る女でいたい

 

 

 

 

 

一生一緒にいなくて良い

 

 

 

 

自分のしたことを振り返って

 

 

 

 

 

次の人にはこうしないとと思ってくれたら

パブロフの犬の状態が完成

 

 

 

 

 

痛い目を見ないと人間は気づかないし

反省しない

 

 

 

 

 

私とのお別れ

これやっちゃったからもう2度と会えないね

 

 

 

 

 

ちゃんと学習しよう!

 

 

 

 

と思う

 

 

 

 

 

私は私をただ大事にして欲しいだけ

 

 

 

 

 

私は相手を大事にするから

 

 

 

 

 

 

一方的なの嫌だから

 

 

 

 

 

無償の愛は

私にはないのかもしれない

 

 

 

 

 

絶対見返りを求めてしまう気がする

 

 

 

 

 

見返りを求めない恋愛はもうできないよ

 

 

 

 

 

心が汚い私なんかと

一緒にいたいと思う人なんていないと思う

 

 

 

 

 

と言うか

心が汚い人と私はいたくないだけ

 

 

 

 

 

 

器が小さいのが見えてしまうと

萎える

 

 

 

 

 

素直な人が良いかもしれない

 

 

 

 

 

だんだん何を言ってるのかよくわからなくなってきた

 

 

 

 

 

 

そんな私は本日も晩酌中

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱり寂しい

あれから毎日晩酌をしてしまっている

 

 

 

 

 

 

本当に毎日だ…

 

 

 

 

 

なんてこった

 

 

 

 

 

 

寂しいし、焦るし

 

 

 

 

 

自信も喪失だし

 

 

 

 

 

自分が情けない

 

 

 

 

 

 

男性をいつも許せなくなる自分

 

 

 

 

 

 

性格きついんだよね

 

 

 

 

 

 

だけど、私の大事なところを踏みにじられると

 

 

 

 

 

 

許せない

 

 

 

 

 

大事なとこなんて捨ててしまえば楽なんだろう

 

 

 

 

 

 

でも私が私でなくなるような

 

 

 

 

 

なくならないような?

 

 

 

 

 

今日も過去の男性を振り返る

 

 

 

 

 

私のことを1番大事にしてくれた人を思い返す

 

 

 

 

 

 

でも今更よりを戻すわけにもいかなかろう

 

 

 

 

 

 

相手にはもうパートナーがいるかもしれない

 

 

 

 

 

 

そして、私はもう2度と同じことを繰り返したくないと考えてしまう

 

 

 

 

 

 

基本、1度あったことは

2度ある

 

 

 

 

 

 

2度あれば3度あると…

 

 

 

 

 

それ考えると面倒になってしまう

 

 

 

 

 

私って独身貴族なのかな?

 

 

 

 

 

1人ではいたくないのだけど

 

 

 

 

 

 

婚活アプリの成果も虚しい

 

 

 

 

 

 

50代、60代の人の足あと

 

 

 

 

 

 

もうやめてくれ〜〜〜

 

 

 

 

 

私は30代か40代前半でお願いしたい!!!!!