わこのズボラ日記

ずぼらに生きるおんなの日記です。

勃発猫問題

やっぱり1年半前のことを

掘り起こしてしまった

 

 

 

 

 

この前生後2ヶ月くらいの子猫を拾って、

多分そういったことから

過去の猫の話になってしまった

 

 

 

 

 

1年半前、私は彼と話し合いができなかったことで諦めた

別れることを決めた

 

 

 

 

 

私を大事にはしてくれない

彼にとって猫が一番だという結論だった

 

 

 

 

 

彼は、実家で飼っていた猫が死にそうなことを理由に、旅行の1週間前にドタキャンをした

 

 

 

 

 

結局、彼が行かないと言った日に飼い猫は死んだ

 

 

 

 

それでも彼は旅行には来なかった

 

 

 

 

 

私は1人で旅行へ行った

そしてしばらくぶりのフルマラソンを走った

 

 

 

 

 

同棲をして役割分担を決めたけど

彼が全くやらなくなった

話し合いにもならなかった

 

 

 

 

 

彼は私との同棲を放棄した

 

 

 

 

 

猫が優先の彼

 

 

 

 

 

それは態度にも現れた

 

 

 

 

なにげないエピソードなのかもだけど、

私はとても傷ついていた

 

 

 

 

 

私は今も彼を許せないでいる

 

 

 

 

 

だから、よりを戻す気はなかった

 

 

 

 

 

だけど、彼に何か期待を抱いてしまっていたのかもしれない?

 

 

 

 

 

それに自分の年齢も考えて

復縁したいという彼に折れた

 

 

 

 

 

でも結局私は1年半前の出来事たちを

引きずったままなんだ

 

 

 

 

 

これっていつ消化されるものなんだろう?

 

 

 

 

 

昨日彼と会う予定だったけど、

会わなかった

 

 

 

 

距離が近くなると

やっぱり私は傷ついたままなんだ

 

 

 

 

 

 

 

7月7日の贈り物

彼と私の実家へ向けて車を走らせてました

 

 

 

 

 

実家近くの反対車線の道路の真ん中で、

小さな猫を発見

 

 

 

 

 

私は戸惑いましたが、

彼はすぐ車を止めてと言って

子猫の元に

 

 

 

 

無事確保

 

 

 

 

コンビニまで行って、

猫の餌を確保

 

 

 

 

 

猫嫌いな母に電話

猫を連れて行ってもいいという了承を得て帰った

 

 

 

 

 

実家には兄とその子どもがいて、

兄は草刈機で田んぼの草を刈っていた

子どもと遊びながら

猫にもおちゅるをあげたりした

 

 

 

 

 

母の受け入れは悪くなかった

 

 

 

 

 

なんとか彼にうちの蛍を見せることができ

 

 

 

 

 

子猫を連れて私のアパートに帰ってきた

 

 

 

 

 

途中で子猫用のミルクをドンキで購入してきたので子猫にあげた

 

 

 

 

少量だけど飲んでくれた

 

 

 

 

そこから子猫の夜泣きで私は眠れず

 

 

 

 

なにかと思えば便2回に尿1回をするために、部屋の中を散策して

子猫が思う場所に便と尿をさせてあげた

ずっと見ていたので、自由にさせた

 

 

 

 

ずっと泣いてるので、

私も子猫に話しかけ見守っていると

母猫と思ったのか尻尾をフリフリさせ

近寄って私によじ登り何かを求められた

 

 

 

 

 

おっぱいかな?ないけど…

 

 

 

 

 

最初は微妙にビビってはいたけど、

すぐ慣れて私を怖がらなくなった

 

 

 

 

 

適応能力がある

それにトイレの訓練もされている感じ

段ボールの中では絶対しなかった

 

 

 

 

 

結構利口?

寝てる時の癖が、

右手を広げてパーになっている

 

 

 

 

 

小さいながらも個性が面白かった

 

 

 

 

 

 

1日4回ミルクをあげなくてはいけないみたいで、彼が子猫を連れて実家に帰っていった

 

 

 

 

 

 

彼の実家には9匹もの猫がいるので安心

寂しくないかもね

 

 

 

 

 

 

なにか運命的なものを感じて

不思議だった

 

 

 

 

 

 

私が郵便局に寄ったり

ユニクロに寄らなかったら…

あの時間にあの場所を彼と通らなければ

子猫とは出会えなかったに違いない

 

 

 

 

 

しかも連れ帰ることはなかったかもしれない

 

 

 

 

 

 

偶然が重なって

偶然出会えた

 

 

 

 

 

あなたはラッキーガール

 

 

 

 

 

彼が今日獣医さんに診せたら

目の炎症は目薬で良くなりそうだった

ダニや虫の薬も塗ってもらった

痩せ細ってたから、沢山餌を食べないとだけど

 

 

 

 

 

2日間嘔吐がなければ大丈夫そう

 

 

 

 

 

ひとり酒を飲んでいる

昨日シャンパンを開けたのに

全然飲めなくて…

 

 

残ってたから

一人で今飲んでる

 

 

 

 

 

土、日は彼と一緒過ごす日になりつつある

 

 

 

 

 

彼とは復縁した人

 

 

 

 

1年半前に別れた人

 

 

 

 

 

こうゆうこともあるもんだと

不思議に流されて今に至る

 

 

 

 

 

アラフォーの私は

 

 

 

 

我慢が必須

 

 

 

 

 

とにかく彼に少しは合わせなくては

少しはね…

 

 

 

 

 

そして月曜も休みを取っているので

今こんな時間にお酒を飲んでいる

 

 

 

 

 

色々考えると

 

 

 

 

 

 

足踏みしちゃうから

 

 

 

 

 

あまり考えない!

 

 

 

 

 

人生なるようになる!

 

 

 

 

 

この1年にかけていたけど、

 

 

 

 

 

もう半年終わっちゃったわけで

振り返ると…

 

 

 

 

 

もう途中から

 

 

 

 

 

疲れ果て婚活終了してしまっていた

 

 

 

 

 

 

年始めのあの決意はなんだったのだろうか…

 

 

 

 

 

 

あと残す半年は、

どうなってくんだろう

 

 

 

 

 

何はともあれ

仕事がやっぱり1番ではあるわけで

 

 

 

 

 

そこをとりあえずちゃんとしないとね

 

 

 

 

 

 

 

 

今日はお休み

昨日も、次の日が休みだったので

追い込みかけて20時まで残業した。

 

 

 

 

 

残業してて効率が悪いなと思う時も

たまにあるけど、

 

 

 

 

 

昨日は頑張った。

 

 

 

 

 

生活歴・病歴をまとめなくてはいけないケースが3つあって

 

 

 

 

 

昨日でやっと2つ終わらせられた!

 

 

 

 

 

それと本日分のケース記録もやった

 

 

 

 

いくつか書けてないのが残ってるけど、

できるだけ記録はその日のうちに書いとかないと

後で思い出す作業が苦しくなるから

 

 

 

 

 

そして、事業計画の方も少しやったら

そこそこまとまった

 

 

 

 

 

意外に私ってできる?

と思ってしまった

 

 

 

 

事業計画の方は、休みの日にちょっとカフェした時とか考えたりしてて

 

 

 

 

それもあったから

やるってなった時にあまり時間がかからないのか?

 

 

 

 

とりあえず、昨日は仕事が少し進んで良かったと思った

 

 

 

 

 

そして休みの今日は、

お一人様で

 

 

 

 

ランチしてお茶してまったりしながら、

また事業計画のこと進めて

 

 

 

 

美容のクリニックで

顔のメンテナンスして

 

 

 

 

映画「ワンダー  君は太陽」を観た

とても感動して良かった

 

 

 

 

いじめの問題もあるけど

友情や家族の愛情のことだったりが

描かれていた

 

 

 

 

姉弟の関係性のことだったり

複雑な人間模様も描かれていた

 

 

 

 

いつも弟につきっきりの両親がいて

問題のない姉が愛情に飢えていたり

 

 

 

 

でも全体的に心が暖まる映画でした

 

 

 

 

 

また明日から仕事がんばろー

 

 

 

休日の過ごし方を考え直す

今回金曜から休みで3連休だった

 

 

 

 

金曜は買い物に出かけたり

夜はレイトショーを観に行った

 

 

 

 

土曜は、友達とお茶をして

宝塚を観て

夜は彼と合流して過ごした

 

 

 

 

友達と会ってる時に、

頭が働かず考えがまとまらないような

耳が遠くなりちょっと恐くなった

 

 

 

 

日曜は1日何も予定を入れていなかったので

ほぼベッド上でゴロゴロ過ごした

 

 

 

 

予定を入れない休日はたいていそんな1日になる

 

 

 

 

 

そうなると、だいたい夜に眠れなくなる

 

 

 

 

 

眠れても3時間…

 

 

 

 

 

果たしてこれが良いことなのか?

 

 

 

 

 

1日の休み方が休み過ぎなのかな?

 

 

 

 

 

前までは、1日中寝たままはあった

 

 

 

 

 

けど、今の自分には

あまり良くないのかも?

 

 

 

 

 

でもこうして2、3時間睡眠の後

仕事へ向かう時は

それなりにスッキリはしている

 

 

 

 

休日の効率の良い過ごし方って

どんななのだろう?

 

 

 

 

特に何もしなくても

起きていた方が良いのかな…

 

 

 

 

でも何もしないとなると

寝るしかないし…

 

 

 

 

と考えてはみたものの

特に良い解決策は見つからず

 

 

 

 

 

でも確かに起きていた方が良いような気はする

 

 

昨日初宝塚に行った!

昨日は友達にチケットを頼んでいたのが、

手に入ったということで…

 

 

 

 

日比谷に行った

 

 

 

 

初めての宝塚でした

 

 

 

 

友達に色々教えてもらい、

日比谷シャンテに宝塚グッズのお店があるとか、

ステージ衣装が飾ってあるとか、

CDの視聴ができるとか、

宝塚っぽい衣装とメイクで写真を撮ってもらえるスタジオがあったりとか…

 

 

 

 

全く知らない世界を案内してもらいました。

 

 

 

 

 

その後いざ、劇場へ。

 

 

 

 

 

友達がチケットを受け取り、

私に渡してくれた。

 

 

 

 

 

とても人気なので、

1枚しかチケットが取れなかったらしい

 

 

 

 

 

前から7列目と結構良い席

 

 

 

 

 

オペラグラスは最初レンタルしなかったけど、

両隣の人が自前のオペラグラスを見ていたので

私も休憩中にレンタルした

 

 

 

 

 

礼真琴さんが気に入った(笑)

 

 

 

 

 

安定した歌声

演技力

華奢な体型

華があるのが良かった

 

 

 

 

 

女性でもカッコイイ!

 

 

 

 

 

宝塚を満喫した後、

彼と合流した

 

 

 

 

 

池袋のびっくりドンキーに行って

夕飯を食べ

 

 

 

 

私の家に帰った

 

 

 

 

 

彼のラブラブな感じには

依然としてまだ慣れず

 

 

 

 

とても冷静な自分がいる

 

 

 

 

愛されてる感はある…

 

 

 

 

なんかでも私はよくわからない

 

 

 

昨日の水曜日

水曜は休みだったので

 

 

 

 

火曜の夜から実家に帰った

 

 

 

 

蓬莱551の肉まんを持ち帰った

 

 

 

 

 

次の日、蒸し器で蒸して母と肉まんを食べた

 

 

 

 

 

やはり蒸し器の方が、格別に美味しかった

 

 

 

 

 

 

特に用事もなく実家に帰ったので

 

 

 

 

 

職場の環境がやばいと言ってる友達の職場に、

友達とランチをするために行った

 

 

 

 

 

職場の近くにお店がほとんどなくて

ラーメン屋に入った

 

 

 

 

友達は4月に今の職場で働き始めた

また2ヶ月弱なのに

人間関係て大事だわ

 

 

 

 

 

あまり良くない人がいる模様

でも、そうゆう人に自分の人生が左右されるのは本当にもったいないと思う

 

 

 

 

 

頑張れるだけ頑張って

1年ごとの更新だから、

最悪更新しなくても全然ありだと思う

 

 

 

 

1年ただすとも

メンタル的に無理なら

辞めるべきだし

 

 

 

 

とりあえず無理だけはして欲しくない

 

 

 

 

 

でも仕事は楽しいって言ってたなぁ

 

 

 

 

 

そんな友達にエールを送りに行った

 

 

 

 

1時間のランチを終え

実家に戻ると

疲れてちょっと仮眠しようとしてたら

 

 

 

 

母に起こされ、

父の以前働いてた職場の人から

父が好きだったというそうめん(揖保乃糸)が届いたということで

 

 

 

 

 

そのお返しを買いに行った

 

 

 

 

 

夜、夕飯を食べてそろそろ帰ろうとしたら

母の調子が悪いということで

しばらく様子を見た

 

 

 

 

 

母のこと心配だけど

早く帰りたい自分もいて

なんだかそんな自分に罪悪感だった

 

 

 

 

 

けど次の日の仕事を考えると、

早く帰りたいな〜

であった