わこのズボラ日記

ずぼらに生きるおんなの日記です。

とても悲しい

ほとんど寝てない

 

 

 

 

とても悲しい

 

 

 

 

涙が止まらない

 

 

 

 

 

朝、母の容態は悪くなかった

 

 

 

 

出血が引いてきていると先生から話があった

 

 

 

 

だけど、まだオペは終わってない

 

 

 

 

胸の中に5枚のガーゼが残っている

 

 

 

 

人工心肺もまだついている

 

 

 

 

 

午後も、出血が落ち着いてきたと話があった

 

 

 

 

 

だけど、まだ油断はできない

 

 

 

 

 

そこからまた次の合併症の危険もあるし

 

 

 

 

 

乗り越えなくてはいけないリスクが沢山ある

 

 

 

 

 

ICUで眠る母は、

パンパンにむくんでいて痛々しい

 

 

 

 

 

こうなるものと説明を受けても、

涙が止まらなくなった

 

 

 

 

体の中に水分が沢山入っている状態

 

 

 

 

 

まだいろんな装置が母には取り付けてある

 

 

 

 

 

こうゆうのを全部取れて

母だけの力で息ができて生きていけないと…

 

 

 

 

 

 

まだ死んだわけでもないのに

とても悲しい気持ちになっている

 

 

 

 

唇もむくんでいた

 

 

 

 

ずっと眠ったままの状態でいる

 

 

 

 

 

もう一度、人生を歩んで行って欲しい

ただそう願うばかり

 

 

 

 

まだ平均寿命まで

何十年?

 

 

 

 

まだまだ生きられるはずなんだ

 

 

 

 

 

睡眠不足なはずなのに

考えてしまう

涙が止まらなくて

眠れない

 

 

 

 

どんなに私が考えたって

状況は変わらないのは

わかってるのに

 

 

 

 

私がこんなに泣いたって

何も変わらないのに

 

 

 

 

私はいったいなんでこんなに泣いてるの?

 

 

 

 

とにかく悲しくて悲しくて悲しい

 

深夜3:45

今、5/23の深夜3:45

 

 

家族用の仮眠室

 

 

 

母のオペが17時間くらいかかった

 

 

 

状態は良くない

 

 

 

 

最悪はこのまま還らないかもしれない

 

 

 

ICUで少し母と会えた

 

 

長時間のオペのせいで、顔や手はむくんでいた

 

 

 

父と同じになるんじゃないかと

 

 

 

ICUに入る前に思った

 

 

 

父の時も突然ドクターの告知があった

 

 

 

その後父に会えた時は、

 

 

 

もう意思疎通もできない状態だった

 

 

 

母の胸の中にはまだ、

出血が止まらなくてかけたガーゼが6枚入っている

 

 

 

 

肺動脈からの出血が止まらなくて

オペが長引いた

 

 

 

 

このまま出血が止まらなかったら

母は死ぬ

 

 

 

 

まだ人工心肺もついているから

命は守られているけど

 

 

 

 

このまま私と兄は

病院で仮眠を取ることになって

 

 

 

 

 

今に至る

 

 

 

 

失敗する確率は3%と言われていた

 

 

 

 

オペは成功するものと思っていた

 

 

 

 

でも、その3%に入るかもしれない

 

 

 

 

 

母ともう話せなくなるかもしれない

 

 

 

 

 

そんなこと、想定になかった

 

 

 

 

 

オペをしない方が良かったのではないか

 

 

 

 

オペを勧めるべきではなかったのではないか

 

 

 

 

この日を選ばないでもう少し先送りしていたら

寿命を延ばせたのではないか

 

 

 

 

自分を責め出す自分が現れる

 

 

 

 

さっき2時間くらい寝ていたのに

 

 

 

 

また今日7時まで寝れるのだろうか

 

 

 

 

なんか眠れず、ブログを書いてる

 

 

 

 

父との時とは違って

 

 

 

 

今回は兄が居てくれる

 

 

 

 

それだけは心強い

 

 

 

 

今日ももしかしたらずっと病院に居なくてはいけないかもだから、

 

 

 

 

少しでも寝とかなくちゃ

 

 

 

 

とブログを書きながら、

整理している気がする

 

 

 

 

このまま母が亡くなったらなんて、

考えてなかった

 

 

 

 

本当の意味で

私は考えてなかった

 

 

 

 

今ここで直面化して気づいた

 

 

 

 

後悔が色々出てきてしまう

 

 

 

 

 

オペ室に入ってく母と

きちんとした別れの挨拶もしなかった

 

 

 

 

 

数時間後にオペは成功すると思っていたから

 

 

 

 

入院した母に、

入院した当日は付き添ったけど

 

 

 

 

土日に会いに行かなかった

 

 

 

 

会いに行って、

もっとちゃんと話を聞いてあげれば良かった

 

 

 

 

 

私はベリーダンスを優先してしまった

 

 

 

 

 

後悔は、きりなく私に襲いかかってくる

 

 

 

 

 

そんなことばかりを考え出して

眠れないでいる

 

 

 

 

 

眠れなくても少し横になることにする

母のオペ

 

今、母は手術中です

 

浸潤性胸腺腫と僧帽弁逸脱症の2つのオペしてます。

 

心臓を止めて人工心肺を使い、心臓の周りの大きな腫瘍を取り僧帽弁の形成術を行う

その後肺まで入り込んだ腫瘍を取り除く

 

心臓外科の先生と呼吸器外科の先生によってオペが行われる

 

予定としては7時間くらいで終わる

 

私は家族の責任者でPHSを持たされ、病院の中で待機

 

寝不足だけど、なかなか仮眠も取れず

時間を潰してます

 

どうか、手術が上手くいきますように…

 

 

精神保健福祉士として

この十数年間色んなことがあった

 

 

 

 

 

私の人生は山あり谷あり

 

 

 

 

 

約10年働いた病院からは、

まさかの自主退職を進められるという…

 

 

 

 

 

これまでのPSWとしての自分が何だったのか?

無駄だったのか?

 

 

 

 

 

追い詰められた時期があった

 

 

 

 

 

だけど、私は這い上がるしかなかった

 

 

 

 

 

 

自分の信じて進んできた道を

突き進むことで

無駄じゃなかったんだと証明するために

 

 

 

 

 

 

日常の色んな場面で

自分が関わった患者さんのことを思い出す

 

 

 

 

 

 

例えば今は、喫茶店で似ている人を見かけた

 

 

 

 

 

 

その人の人生を考える

家族関係を思い出す

 

 

 

 

 

 

患者さんやその家族が、

希望を持って生きているといいなと思う

 

 

 

 

 

 

できなかったことも沢山ある

 

 

 

 

 

 

だけど、偽りなく支援をしてきたという自負はある

 

 

 

 

 

その結果はきっと、

患者さんや家族の心の中に残っているはず

 

 

 

 

 

 

病院を離れて4、5年がたつ

 

 

 

 

 

 

私が、全身全霊をかけていた場所

 

 

 

 

 

 

そこから退職を勧められるなんて

そうそうない経験だ

 

 

 

 

 

どこから歯車が狂ったのかはよくわからない

 

 

 

 

 

 

だけど、病院は私を捨てたのだ

 

 

 

 

 

 

私は今、違う場所で支援をしている

 

 

 

 

 

自分の支援に間違いはないか

日々振り返るけど

答えは1つではないことが多すぎて

難しい

 

 

 

 

 

それでも患者さんに寄り添いながら

支援をするスタンスは変えてない

 

 

 

 

 

できることなんて限られている

それでもその中でできることをやっていく

 

 

 

 

 

自分のスタンスで

自分の考える良いタイミングで

患者さんのペースで

支援を進めていく

 

 

 

 

 

私は何も変わってない

それを否定する人がいただけの話だ

 

 

 

 

 

支援の進め方は人それぞれ

 

 

 

 

 

10日目 最後の日はベリーダンスへ

朝なんとか起きて、

 

 

 

 

ブランチ食べて

 

 

 

 

ベリーダンス

 

 

 

 

 

本日担当の先生が、

今日で最後で

結局レッスンの後3時間くらい話しこんでしまった

 

 

 

 

 

そして、帰りが遅くなり

今日やろうとしていたことはできなかった

 

 

 

 

 

 

10日間休みがあったけど、

やるべきことはまだまだたくさん残っている…

 

 

 

 

 

 

やっぱり掃除や片付けは苦手だなぁ

9日目 お墓の草むしり

実家で遅い起床

 

 

 

 

 

草むしりを正味1時間手伝ったくらいで

本日は終わった

 

 

 

 

 

 

あと洗車したくらいかなぁ

 

 

 

 

 

で、無印良品へ買い物しに行って

 

 

 

 

 

自宅へ帰宅して

 

 

 

 

 

あと残りの餃子の具を包んだ

 

 

 

 

 

8日目 久しぶりのベリーダンス

そんなわけで、朝9時ごろ起きれて

前までの私だったら、

もう面倒くせえ、まだ寝てたいという感じで1日を寝て潰すパターンなのだが

 

 

 

 

 

頑張って起きた

お風呂に入って、洗濯をしながら

餃子作りに取りかかった

 

 

 

 

にしても、家を出るまで1時間くらいしかもう時間はなかった

 

 

 

 

とりあえず実家に持ち帰る分だけの餃子を作り、なんとか11時に家を出た

 

 

 

 

 

 

1時間半かけて

横浜のベリーダンス教室に初めて行った

乗ってる時間は長いけど電車の乗り換えもラクなので良い感じ

 

 

 

 

ヨガベリーの先生はめっちゃ話しやすくて優しかった

 

 

 

 

 

それに参加していた方もみんな優しかった

 

 

 

 

 

3ヶ月ビギナークラスに通いまくり、

なんとなく動けるようになってきたのを実感した

 

 

 

 

今月から、初級に上がれる

そのため初級クラスに試しに参加したりしていく予定

 

 

 

 

そして今まで通り、

週4、5回はまだビギナークラスに通い続けるつもり

 

 

 

 

9月の発表会に出られるといいな

 

 

 

 

で、また1時間半かけて帰宅

雷が鳴って通り雨に遭遇

 

 

 

 

そこから今日は道路が空いてはなかったので、1時間半かけて車で実家へ

 

 

 

 

夕方、姪っ子ちゃんとひまわりの種を蒔いた

 

 

 

 

 

昨日スーパーで買っておいた神奈川のお菓子を食べて、餃子も焼いて食べた

 

 

 

 

 

母にお守りを渡した

 

 

 

 

夜中に、パソコンから

来月オーストリアに行くので

イースタの申請、海外保険の加入、パーキングの予約を済ませた

 

 

 

 

 

8日目もなんとなく充実して終了

また夜更かししてしまったわ…